昨年、忙しくて、取りに行けなかった、タケノコ掘り。
今年は、行ってきましたよ♪( ´▽`)



なんと、ようやく芽を出した状態のものが4個採れました。



小さいですが、味が凝縮されてて美味しいのです^_^

1時間ほど、米ぬかの入ったナベに入れ、湯掻いてアク出ししました。

そして、出来たのが、コレ。



タケノコの刺身~♪( ´▽`)
ワサビ醤油で美味しく頂きました(^○^)




スポンサーサイト



要望にお答えすべく、タケノコの塩漬けにチャレンジしてみました。

という訳で、雨のなか、タケノコ掘りに行ってきました(笑)

ちょっと多めに収穫してきたよo(^▽^)o

先ず、先日のアク抜きをします。
今回は、もう時期的にも終わりが近いのか、皮が固かったです。なので、皮を剥いて、アク抜き♪( ´▽`)

そして、約30分ほど炊いたあと、アク抜きの状態のまま、冷やします。

念のために3時間くらい放置したあと、いよいよ塩漬け!
タケノコを4等分にします。

バケツのなかに下が見えなくなるくらい塩を薄くひきます。

いよいよタケノコを敷きます。平に敷いたあと、また、塩を蒔きます。

そして、さらにタケノコを敷きます。
敷いたら、同じ要領で塩を蒔ぶしてください。

ぜんぶ敷き終わったら、袋を閉めて、敷きぶたをして、石を乗せたら、一応、完了です。


あんまり陽の当たらないところにおき、2ヶ月くらい置きます。
その間、塩を入れているので、水がでるので水を捨て、もう一度、塩をまぶしておきます。
あとは、食べる時は、食べる分量だけ取り、冷水に1日つけておきます。塩抜きですので、度々水を入れ替えましょう♪( ´▽`)

takenoko.jpg


前回のタケノコ掘りに関して、レシピの要望がありましたので
ちょっと書いてみようと思います。
しかし、僕が調理したわけではなく観ただけなので(笑)
細かいところは書けません、書けないところは、クックパッドに頼ります(笑)

下処理

① 先ず、掘った、貰った、買った、タケノコを皮のまま、
先のほうを包丁で切っちゃってください。
takesitasyori1.jpg

これは、タケノコの風味を出すため、皮のまま、アク抜きをするためです。

② そして、今度は、たてに切り込みをいれます。
タケノコの中心まで深く切り込みを入れます。
takesitasyori2.jpg

タケノコをゆでるときに、中までよく浸透させるためだそうです。

③ そして、アク抜きをするため、タケノコを皮のまま、茹でます。
そして、ここが重要!
本当なら米ヌカをいれて、一緒に茹でて、アク抜きをするのですが、
僕のところでは、水でアク抜きではなく「米の研ぎ汁」で沸騰させ、アク抜きしました。
沸騰したら弱火にして1時間ほどゆでてください。

④ 1時間ほど茹でたら、火を止め、「茹で汁」ごと冷ましてください。
だいたい1日かけて冷まします。
takesitasyori3.jpg

⑤ あとは、皮をはぎ、料理に使います。
一応、根のほうのブツブツがあると思いますが、食べれますが、固いと思うので
ここのブツブツのあるところまで切ったほうがいいですね。

僕のところは、タケノコご飯と、煮物に使いました。
ちなみに、タケノコの塩漬け(メンマ)は手間ひまかかります。
料理のほうは嫁さんに聞いてみますね。

今日の仕事帰りにタケノコを掘ってきましたよん(((o(*゚▽゚*)o)))



今回で2回目だったりします!
料理の知恵が豊富な嫁さんとお義母さんに作っていただいた料理が美味かったので、料理を撮影したいところなのですが、嫁さんが恥ずかしいみたいなので、タケノコ実物を撮影しました(((o(*゚▽゚*)o)))

やはり、旬の食材は美味しいよ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。